新着情報

お知らせやイベント情報のページです。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 社長のブログ
  4. 誤作動発生

誤作動発生

岐阜、名古屋、各務原市、関市で消防用設備点検、工事、特定建築物調査、防火設備検査、

自家発電設備負荷試験などを行っております

株式会社マルショウシステムの代表取締役 筒井 祥宏です。

火災報知器って皆さんはどんな印象でしょうか?

普段はほとんど意識をしない存在だと思います。

本当の火災時に作動するのは勿論ですが、ちょこちょこ誤作動もあります。

原因として多いのが、冬の暖房器具による温度上昇や雨漏りによるショートが代表的です。

作動した際にはベルがジャンジャン鳴ったり、規模の大きい建物では自動放送で「火事です。火事です」

なんて放送が鳴るもんですから建物の関係者からは「早く来て」という要請が入ります。

現場へ駆けつけた僕らとしては、何とかその日のうちに原因を突き止めて処置したい訳です。

でないと明日も呼ばれては正直仕事になりませんし、警報を止めておく訳にもいきません。

今日あった誤作動もよくある原因なんですが、写真を見て頂くと分かりますが

木材を扱う工場ということもあり、長年かけて感知器に埃がたまり誤作動するというものです。同業者の方はよく

ご存じだと思いますが、感知器が作動しっぱなしになってくれると原因究明が

早く出来るので有難い。即日、感知器の取替を終え火災報知機を正常に戻して

通常業務に戻りました。

今日はそんなバタバタした一日でした・・・

 

 

 

 

 

 

関連記事